メニューにカーソルを乗せると展開します

《幸也の世界へようこそ》《書庫》 → 《絵画を観る目・感じる心》  

絵画を観る目・感じる心




ここでは 絵画・彫刻・建築などの視覚芸術に関して
「絵画を観る目・感じる心」をテーマにした幾つかの考察を文章にしてあります。
対象を絵画と限定している訳では無く 視覚芸術全般を扱ってはいますが
おもに ベルギーで見られるものをテーマにしてあります。

(芸術に関連した項目は 《公演でのお話から》にもあります
このページの一番下の一覧をご覧下さい)


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆


下記 見出しにカーソルをのせると色が変わるところにリンクしています 
絵画を観るにあたって
@ 人間が作り出したものは 人の意識が物質化したもの
A 時代様式は その土地の・その時代の人々の集合想念が物質化したもの
B 特に ロマネスク・ゴチック・ルネッサンス・バロックは
その土地の・その時代の人々の 信仰心・宗教心の表れ
C 全てのエネルギーは 「動き」を基本とし
「動き」は 「速度」と「方向」という二つの要素から成り立っている
D 人は その人の認識力以上のものは認識できない

フランダース絵画を観るにあたって
★15世紀のフランダース地方・・・その経済・信仰・文化
★15世紀のフランダース地方の画家たち・・・ロベルト・カンピン/ロヒール・ファンデル・ウェイデン/ ファン・エイク兄弟『神の子羊(の礼拝)』(通称『神秘の子羊』)ハンス・メムリンク
★16世紀のフランダース地方・・・その経済・信仰・文化
★16世紀のフランダース地方の画家・・・ペーター・ブリューゲル
ブリューゲルの絵を観るにあたって
「イカロスの墜落」
★17世紀のフランダース地方の画家たち・・・ペーター・パウル・ルーベンス
「フランダースの犬」サイト内「ルーベンス」 /アントーン・ファン・ダイク


『神の子羊(の礼拝)』(通称『神秘の子羊』)
主題/特色《油絵の先駆》/フランダース(写実主義)絵画の特徴/ゴチック絵画の特色/
上段/下段/兄と弟との表現の違い/何を表現しようとしたのか:何が表現されているのか/
物の表現:生命の表現/全てのものの「存在する価値」を描き出す・・・それは「人間罪の子」思想から生まれてくるか/
Hubertヒューベルトの表現し伝えたかったもの


ハンス・メムリンク
この世の天国


ブリューゲルの絵を観るにあたって
@ ペーター・ブリューゲル(一世)の生き方について
A ペーター・ブリューゲル(一世)の生きていた時代と土地
B ロマニスト
C 絵を描く視点
D ブリューゲルの視点
E 人はその悟り以上のものを感じとることは出来ない
F ブリューゲルの視点・観点・観念
ブリューゲル「イカロスの墜落」


フランス印象派絵画
印象派の共通点と それぞれの画家の表現しているもの(ピサロ/モネ/ルノワール/ドガ/セザンヌ))


アール・ヌーボー 〜 オルタ(ブリュッセル)とマッキントッシュ(グラスゴー)
曲線と直線との使い方に現われている二人の相違


アール・ヌーボーからシュルレアリスムへの繋がり
異なる夢の世界


人魚姫の像(コペンハーゲン)
人魚姫のエネルギー


芸術様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
カロリング朝様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
ロマネスク様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
ゴチック様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
ルネッサンス様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
バロック様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
ロココ様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味
(新)古典様式の始まり〜そのそもそもの目的と意味


(順次追加していく予定です)



《公演でのお話から》にも 以下のような芸術に関連した項目があります

☆ 身体の動きと表現(1)
☆ 身体の動きと表現(2) その日常生活での応用
☆ エネルギー運動の方向性と芸術の様式
 拍子とその感じ方
☆ デジタルの音について
☆ デジタルとアナログ
☆ アールヌーボーと音楽
☆ 芸術の目的
☆ 芸術の様式
☆ 北西ヨーロッパの代表的芸術様式(基礎編)



このページの初めに戻る